Q&A

Q1調律は毎年した方がよいですか?
A1はい。調律は毎年行う方が、ピアノにとって幸せなことです。
ピアノ内部には、木材や羊毛等の天然素材の部品が使われています。
ピアノの弦は、1本当たり約90Kg、全部で220本近くの弦が張ってあるのでピアノ全体では、約20tもの力で張られています。
ですから、時間と共に少しずつ弦が伸びてしまい、音程は狂ってしまうのです。
正しい音律を保つためには最低1年に1度以上は調律が必要です。
(調律時には内部の点検も同時に行います)
Q2古いピアノを実家から持って来たいのですが?
A2調律以外の作業工程も必要になりますが、再び使えるようになると思います。
音律の狂いが大きいケースが多いので、作業が1日で終わらない場合があります。
お問い合わせ ㈱川上楽器店 ピアノ技術課
東京都渋谷区東1-4-26
TEL:03-3409-4414
FAX:03-3409-4476

担当者は、昼間は調律に伺っております。
不在の際は、後日こちらからあらためて連絡させて頂きます。
名前と電話番号をお申しつけ下さい。